堺市

このページでは、大阪府堺市の住みやすさについて調べています。

住みやすさは?大阪府堺市

人口:148,096 人(2016年9月時点)
平均地価:126,469円/m2

堺市の住環境

2006年に政令指定都市となり、大阪市に次ぐ人口、そして面積を誇っているのが堺市。急行電車を利用すれば難波駅などの繁華街にも、10分程度でアクセス可能です。
スーパーや病院など、生活に欠かせない施設も充実していますし、「七観音古墳」など、歴史的な観光スポットも存在していますよ。
また特に堺区や西区などのエリアは土地が平坦なため、お年寄りの方たちでも生活しやすい環境になっています。

子育て

堺市には「子ども医療費助成制度」があり、健康保険証を使って病院にかかった際の費用の一部が、公費で助成されます。しかも適用の年代は幅広く、0~15歳までが対象となっています。
ただし人気エリアのため、幼稚園や保育園の待機児童の割合は高く、3.64%。これは大阪府内でも2番目の数字となっています。堺市に住む場合は、ある程度の期間、家庭での育児もあり得ると考えておく必要がありそう。
教育機関における、教員一人当たりの生徒数の平均は、小学校:18.7人、中学校:15.5人。大阪の各市の平均(小学校:16.7人、中学校:14.6人)より少し多め、また全国の平均(小学校:12.8人、中学校:11.2人)より生徒数はやや多めです。

医療・福祉

病院数は、全国の各市の平均が62ヶ所なのに対し、堺市にある病院は197ヶ所と、3倍以上。
人口1,000人当たりに対する医師の数は、堺市の平均が2.12人、大阪府の各市の平均が1.99人なので、こちらも上回っています。
堺市の薬剤師の数は1.79人、歯科医師の数は0.65人になります。全国平均(薬剤師1.42人、歯科医師0.59人)よりもやや多めといった印象ですね。
また、堺市の介護福祉施設のカバー率は1.4%。全国平均2.85%、大阪平均2.73%よりも下回っているため、高齢者または高齢者をサポートする家庭は、よく検討する必要がありそうです。

買い物

堺市は人口が多いため、日常の買い物には困りません。また市内には3つの「イオンモール」が営業しているため、専門店での買い物も実現しやすくなっています。

交通

JR阪和線、南海線(本線、高野線)泉北高速線のほか、地下鉄御堂筋線、阪堺電気軌道阪堺線も市内の駅に乗り入れているため、非常に便利。アクセス重視の人から人気が高いのも頷けます。

大阪の注文住宅業者3選