吹田市

ここでは、吹田市の住みやすさについて紹介します。
ニュータウン、ベッドタウンとして発展してきた経緯から、人口増加に合わせた様々な街の変化が見られます。

医療・福祉の充実した街、吹田市

人口:365,587人(2015年時点)
平均地価:233,119円/m2

吹田市の住環境

1960年代に千里ニュータウンが誕生し、その後、ベッドタウンとして住居地区だけでなく商業地区も発展してきました。市内には有名な万博記念公園もあります。
ベッドタウンとして発達したこともあり、市民の癒しのスポットがとても充実しているのが特徴。緑の多い環境なので、子育て中の世帯、高齢の世帯などでもリラックスして生活できるでしょう。
また、高速道路のインターチェンジもあるので、車での長距離移動も便利です。

子育て

子ども医療助成金制度が、通院、入院、ともに中学校卒業まで適用されます(一部自己負担・所得制限あり)。
保育園における吹田市の待機児童率の平均は0.98%。全国の平均0.66%、大阪の平均0.82%よりもやや多めです。全国平均や大阪平均には少々劣りますが、市の狭い面積を考慮すれば、おおむね充足できる数があると言えるでしょう。
吹田市における、小学校の教員一人当たりの生徒数の平均は19.0人、全国平均12.8人です。吹田市の中学校の平均は17.1人で、全国平均11.2人。吹田市での小学校、中学校の生徒数は、共に全国平均より若干多めです。

医療・福祉

吹田市の病院の数は320ヶ所で、全国平均62ヶ所よりも多いです。
人口1,000人あたりの医師の数は、全国平均(1.54人)や大阪の各市の平均(1.99人)に比べて格段に多いと言えます(吹田市5.80人)。
薬剤師についても同様に、吹田市3.52人、全国平均1.42人、大阪平均1.94人と、全国平均の2~3倍の数となります。
また、歯科医師は全国平均0.59人、大阪平均0.66人なのに対し、吹田市1.83人とこちらも上回っています。
介護福祉施設のカバー率(吹田市3.43%)においても、全国平均(2.85%)や大阪平均(2.73%)を上回ることから、吹田市は医療・福祉の充実した街であると言えるでしょう。

買い物

吹田駅周辺には、大正時代に自然発生した商店街の名残があり、現在でも「旭通商店街」や「錦通り商店街」など、多くの商店街が存在します。
また、吹田市内に多くある各駅の周辺にも、「イズミヤショッピングセンター千里丘店」「東急ハンズ江坂店」など、大型のショッピングビルやショッピングセンターがあり、どの駅の近くに住んでも買い物に大きく困ることはありません

交通

吹田市内には、JRや阪急など、13の駅があります。
市内に乗り入れている路線は、JR京都線、阪急電鉄千里線、大阪市営地下鉄御堂筋線、北大阪急行電鉄南北線、大阪高速鉄道大阪モノレール線、大阪高速鉄道国際文化公園都市線。
梅田に電車一本で行けるため、ショッピングや外食にも便利です。

大阪の注文住宅業者3選