豊中市

このページでは、大阪府豊中市の住みやすさについて調べています。

住みやすさは?大阪府豊中市

人口:395,030人(2016年10月時点)
平均地価:224,924円/m2

豊中市の住環境

約50年前に「日本初の大規模ニュータウン開発」が行われた地として、現在まで高い人気を誇っているのが豊中市です。
大阪市へのアクセスも便利なので、ベッドタウンとして活用している人が多め。人の出入りも活発なので、新たに引っ越しても肩身の狭い思いをすることはなさそうです。
大石塚古墳など歴史ある観光スポットや、博物館などのアカデミックな公共施設も充実していますよ。

子育て

豊中市には「子ども医療費助成制度」があり、健康保険証を使って病院にかかった際の費用の一部が、公費で助成されます。適用の年齢は0~12歳までが対象となっています。
幼稚園や保育園の待機児童の割合は低く、0.35%。これならほとんど心配はないと言えそうですから、乳幼児のいるご家庭におすすめのエリアと呼べそうです。
教育機関における、教員一人当たりの生徒数の平均は、小学校:18人、中学校:15人。大阪の各市の平均(小学校:16.7人、中学校:14.6人)より少し多め、また全国の平均(小学校:12.8人、中学校:11.2人)より生徒数はやや多めです。

医療・福祉

病院数は、全国の各市の平均が62ヶ所なのに対し、豊中市にある病院は427ヶ所と、8倍以上!
人口1,000人当たりに対する医師の数は、豊中市の平均が2.08人、大阪府の各市の平均が1.99人なので、こちらも上回っています。
豊中市の薬剤師の数は2.67人、歯科医師の数は0.82人になります。全国平均(薬剤師1.42人、歯科医師0.59人)よりも多めといった印象ですね。
また、豊中市の介護福祉施設のカバー率は2.87%。全国平均2.85%、大阪平均2.73%よりも上回っています。医療・福祉に関しては総じて住みやすい街と呼んで差し支えないでしょう。

買い物

豊中市は駅前に商店街の広がっているところが多く、日常の買い物に不便を感じることはないでしょう。特に豊中駅と千里中央駅付近は、市内でも有数の繁華街。ショッピングモールやデパートなどの商業施設が林立しているので便利ですよ。

交通

豊中市は公共交通機関が充実しています。
鉄道は阪急電鉄宝塚線・神戸線、北大阪急行電鉄南北線、大阪高速鉄道大阪モノレール線が走っているほか、大阪や梅田などの繁華街、大阪国際空港へもアクセスしやすいロケーションとなっています。

大阪の注文住宅業者3選