大阪の注文住宅業者なびHOME » 家を建てるなら知っておきたい 構造別・住宅性能の基礎知識

家を建てるなら知っておきたい 構造別・住宅性能の基礎知識

このカテゴリでは、注文住宅を建てる前に知っておきたい、構造ごとのメリットや住宅の性能をまとめています。

現在の日本で建てられている建物の構造材は大きく分けて木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の3種類。ご自身やご家族が考える理想の家を実現するためには、どの工法が良いのか、迷うのではないかと思います。まず以下に費用差を見てみましょう。

地区 木造
坪単価
鉄骨造
坪単価
鉄筋
コンクリート造
坪単価
大阪府 51.8万円 67.3万円 59.8万円
近畿平均 52.8万円 67.7万円 57.5万円
全国平均 52.2万円 66.3万円 60.4万円

上記の表を参考にして、大阪府内に延床面積40坪の家を建てる場合のおおよその費用総額は、以下のようになります。

  • 木造…2,700万円前後
  • 鉄骨造…3,600万円前後
  • 鉄筋コンクリート造…3,200万円前後

費用的には木造>鉄筋コンクリート造>鉄骨造となるようです。とは言え値段が高い=良い家とは限りません。本カテゴリでは構造ごとの住宅性能に関するコンテンツを用意しました。

■木造
日本の伝統的な家屋建築法である、木造。その中でも代表例である「在来工法」と、米国で確立し輸入された「2×4工法」のメリットを紹介していきます。

■鉄骨造
費用も嵩み、最新の工法のように映る鉄骨造ですが、その詳細は?軽量鉄骨造と重量鉄骨造の2種類について詳細をまとめていきます。

■鉄筋コンクリート造
もともとはビルやマンションなどに採用されることの多かった工法ですが、近年は住宅建築に採用されている鉄筋コンクリート造。そのメリット・デメリットについて調べています。

住宅を作るにあたり「これが完全」という方法はありません。それぞれのメリット・デメリットを知り、予算も鑑みたうえで理想に近いマイホームが実現できる方法を選んでくださいね。

大阪の注文住宅業者3選