鉄筋コンクリート造

注文住宅を構造別に紹介。鉄筋コンクリート造の家の性能やメリットを紹介しています。

住宅の構造・性能チェック!鉄筋コンクリート造のメリットとは?

近年、マンションやビルだけでなく一般住宅にも取り入れられるようになった鉄筋コンクリート造。自由度が高く、デザイン性に優れていることが特徴に挙げられます。

鉄筋コンクリート造の一番のメリットは高い耐久性です。圧縮の力に強いコンクリートと引っ張る力に強い鉄筋が組み合わされることで、非常に強い耐久力を生み出しています。

また、アルカリ性の性質をもつコンクリートが、鉄筋の酸化を防止・抑制することも特徴のひとつです。

さらに、鉄筋コンクリート造は外部からの圧力を面で受け止めるモノコック構造を採用しているため、力が一点に集中することなく分散されます。そのため耐震性が高く、過去の震災でも木造や鉄骨造の家に比べて、被害が少なかったそうです。

メリットはまだあります。不燃物質のコンクリートが主な構造体であるため、耐火性が高く、防火地域にも建築が可能です。

その他にも、躯体に隙間がないため気密性が高いこともメリットのひとつ。

適切な断熱材が用いられた鉄筋コンクリート住宅は、室内の温度差が少ないので、高い省エネ効果も期待できます。また、遮音性能にも優れているため、家の中の音は外に漏れず、外の音は中からは聞こえにくくなります。

では、デメリットは?

メリットの多い鉄筋コンクリート造ですが、デメリットもあります。まず、高額な費用が必要になります。おおまかな坪単価で比較すると、木造住宅の2倍以上の価格になることも。

また、鉄筋とコンクリートを使用する非常に重い構造体であるため、強固な地盤の上でなければ土地改良をしなければいけません。

さらに、気密性が高いこととも関連して湿気がこもりやすく、結露が発生しやすい構造です。適切な換気システムを設置しなければカビが生えたり、酷い場合は構造体が傷むことがあります。

大阪の注文住宅業者3選