鉄骨造

注文住宅を構造別に紹介。鉄骨造の家の性能やメリットを紹介しています。

住宅の構造・性能チェック!鉄骨造のメリットとは?

鉄骨造には、プレハブとも呼ばれる軽量鉄骨造とラーメン工法と呼ばれる重量鉄骨造の2種類があります。その差は部材の厚みによって変わります。

軽量鉄骨のメリットとは?

軽量鉄骨造では厚さ6mm未満の鉄骨を利用します。簡単にイメージするならば、鉄骨を使って木造の工法で家を建てます。用いられる鉄骨は工場で設計図通りに生産されるので、部材の品質が安定しているという特徴があります。

木造の筋交いに該当するブレースと呼ばれる部位が重要とされており、この部分が強度を発揮することで高い耐震性を実現させています。その証拠に阪神大震災でも、比較的新しい軽量鉄骨住宅の倒壊件数は少なかったというデータがあります。

その他にも部材の品質・規格が一定であるため、工期が比較的短いというメリットがあります。部材が大量生産されるため、コストが抑えられることもメリットのひとつです。

一方、デメリットはというと、規格化された工業品を使って建てるがゆえに、設計やデザインに制約が多いことが挙げられます。また、重量物の積載量にも制限がかかり、屋上の利用が難しくなることも考えられます。

さらに、耐火・耐熱・遮音性に関しては、場合によって木造住宅よりも劣ることがあります。

気になるコストについても、建築費用は低く抑えられても、長期間、住居として使うための維持費用が多くなる可能性があります。

重量鉄骨のメリットとは?

ドイツ語で枠や額縁を意味するラーメン工法で建てられる重量鉄骨造。厚さ6mmを超える鉄骨が使われます。高層ビルやマンションでも用いられている工法で、信頼性も高く、鉄筋コンクリートに次いで長い法定耐用年数となっています。

柱と梁が一体化したように頑丈につながっているため、少ない柱でも頑丈に建てられます。そのため、広く空間を作り出せ、比較的自由な設計も可能です。

一方のデメリットは意外にも耐火性が低いこと。延焼スピードは木造ほどではありませんが、長時間の火災にさらされると柱が熱で変形してしまい、倒壊する危険性があります。

さらに、構造体が重いため、地盤によっては改良工事が必要な点や、コストも割高になる傾向があります。

また、軽量・重量双方に当てはまりますが、遮音性と断熱性は高くありません。

大阪の注文住宅業者3選