賢い資金計画の立て方

注文住宅を購入する際の資金計画の立て方や、住宅ローンの活用法を紹介します。

最適な資金計画の立て方とは?

念願の注文住宅を手に入れるためには、資金計画が大切なポイントです。全額現金で支払えれば資金計画を考える必要はありませんが、1,000万円以上の大金をポンと用意できる方は中々いません。

ですので多くの方が住宅ローンを利用することになります。そこで重要なのが自己資金の額です。最近は自己資金が無くても注文住宅を購入できるケースも増えてきていますが、住宅購入にかかるすべての費用を借入で賄うのは一般的ではありません。

多くの場合、本体価格(建築費+土地取得費)の3割程度は頭金と購入にかかる諸々の諸費用として、用意しておかなければいけません。仮に本体価格が3,000万円なら900万円ほどは手元に必要ということです。そうすることで住宅ローンの審査にも通りやすくなり、のちのちの返済も楽になるのです。

だからと言って無理に自己資金を増やそうとするのも危険です。老後のための貯金や子どもの教育費用などはもちろん、不測の事態が起こった時のために、最低でも向こう1年分ほどの生活費は残しておきましょう。

賢いローンの活用法

無理なく用意できる自己資金額が定まったら、具体的な住宅ローンの返済計画が立てられます。

住宅ローンを取り扱っているのは銀行や公的金融機関、保険会社などさまざま。それぞれに金利や融資限度額に差がありますので、ご自身に合った融資プランがある金融機関に申し込みましょう。

ただし、融資額が大きい・手続きが簡単などの住宅ローンは、金利が高かったり返済期間が短かったりするので、プラン内容の確認が必要です。

住宅ローンの返済方法

月々返済していく住宅ローン。その返済方法には2種類あり、それぞれメリット・デメリットがあります。

元利均等返済
多くの金融機関で採用されている返済方法。毎月の支払額が一定なので、家計負担を少なく抑えられます。反面、返済開始当初は支払額の半分近くが利息のため、元金の減りが遅く、元金均等返済よりも総支払額が高くなってしまいます。

元金均等返済
特に公的金融機関で採用されている返済方法。毎月決まった額の元金と残高に応じた利息を合わせた額を支払います。利息総額や返済総額を抑えることができますが、返済開始当初の支払額が高くなります。

住宅ローンの種類別メリット・デメリット比較

国内の一般的な住宅ローンを種類ごとにわけて、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

変動金利

1年に2回、利率変動の可能性があります。元利均等返済なら借入開始から5年間は金利が上がっても返済額は変わらないという特徴があります。

【メリット】
金利が低ければ、返済総額を抑えられます。また、金利見直しの際に、金利が低下した場合も負担額が減ります。

【デメリット】
常に金利が変動する可能性があり、ローン申し込み時点では返済総額がわからないため、支払い計画が立てにくくなります。また、見直し時に金利が上がると、元利均等返済なら元金の減りが遅くなり、元金均等返済では月々の返済額が増えてしまいます。

固定金利

借入期間中、金利の変動が一切ないので、長期的に安定しているといえます。

【メリット】
景気変動に応じて金利が上がっても返済額は変わらないので、当初の計画通りに返済を進められます

【デメリット】
変動金利の住宅ローンに比べて高い利率が設定されており、金利が下がってもその恩恵を受けられません。

その他、固定金利と変動金利を合わせた段階金利型や固定金利選択型の住宅ローンもあります。それぞれのメリットをよく見比べて、ご自身の返済プランに合ったタイプを選びましょう。

大阪の注文住宅業者3選