本当に建てたい家が建てられる大阪の注文住宅業者なび » 施工業者を選ぶポイント

一生に一度の注文住宅! 失敗しない施工業者を選ぶポイント

本カテゴリーでは、注文住宅を依頼する施工業者・施工会社の選び方にスポットを当て、その考え方や考慮すべきポイントなどを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

大阪で『自分が住みたい家』を建てるなら
注文住宅メーカー3選

注文住宅、施工業者・施工会社の正しい選び方とは?

注文住宅のイメージ
業者だけの力では、理想の家は建てられません

施工業者の「強み」をリサーチしよう

改めて申し上げるまでもなく、住宅というものは多くの方にとって、人生で最も大きな買い物と言ってよいでしょう。また、購入したら終わりではなく、その先、何十年と、ご自身とご家族が住まうものです。そんな「夢のマイホーム」を建てるにあたり、いざ施工業者・施工会社をどのように選べばよいか、というのは頭を悩ませるところです。それこそ巷には、注文住宅を請け負う業者は無数にあります。もちろん、行き当たりばったりで適当に選ぶことはNG。

重要なのは、各々の注文住宅がどのような特色や強みを持っているかを、しっかりリサーチすること。そして、ご自身とご家族が、注文住宅にどのような希望やこだわりを実現させたいのかを話し合っておくこと。その上で、その希望に即した会社を選ぶことです。ここでは注文住宅会社選びのポイントとなる項目を取り上げてみました。

かつて社会問題化した「シックハウス症候群」への反省から、多くの注文住宅が自然素材を用いた家づくりに力を入れるようになっています。

自然素材には大きなメリットがある反面、デメリットもあることを理解しておくことが必要です。ここでは以下の自然素材について、詳しく取り上げています。

憧れのマイホームを注文住宅で手にしたいという方の多くは、デザインにこだわりをお持ちのことでしょう。一方で、「十人十色」という言葉にもある通り、住宅のデザインに万人向けの正解といったものはありません。それゆえ、ご自身とご家族がどのような方向性を望むのかを十分に検討しておき、それに近いスタイルやデザインを守備範囲としている施工会社に依頼するという方法が好ましいでしょう。

かつての阪神淡路大震災、そして記憶にもまだ新しい東日本大震災。耐震性というものは、注文住宅を建てる際、必ずチェックすべき事柄となっています。もちろん、まっとうな注文住宅会社であれば、建築基準法の基準はしっかりとクリアしています。ただし、それ以上に、どんな施策や対策を施しているかをチェックすることが大切です。

建物の構造はもちろんのこと、地盤の調査や改良、基礎の作り方などもお見逃しなく。

実は住宅にも、自動車や電化製品などと同じく、性能というものがあります。例えば「気密性・断熱性の高さ」は、エアコンへの依存度を下げ光熱費を軽減する、高齢者のヒートショックのリスクを軽減するといったメリットが。

無垢材や自然素材を多く用いて、化学物質を極力使わない家であれば「空気のきれいさ」が大きく向上。上記でも取り上げている「耐震性」は、1~3までの耐震等級によって、そのレベルが判断できます。

家を建てる上で、家を建てた経験者や進行中の方々の話は、時に担当者以上に参考になることがあります。

あなたが住みたい家はどれ?イメージ別で選ぶ大阪の注文住宅業者3選

体に優しい自然素材に こだわりあり!

自然素材をたっぷり使った 家に住みたい

「緑 創建工房」の施工事例
引用文:「緑 創建工房」公式サイト
https://sokenkobo-en.co.jp/sekorei/6565/

緑 創建工房の公式サイトで
施工事例をもっと見る

たっぷり収納に こだわりあり!

家族のための 収納たっぷりの家に住みたい

「ヤマヒサ」の施工事例
引用文:「ヤマヒサ」公式サイト
http://caracol-house.jp/gallery/osaka_u-2/

ヤマヒサの公式サイトで
施工事例をもっと見る

大家族の動線に こだわりあり!

バリアレスな 二世帯住宅に住みたい

「泉北ホーム」の施工事例
引用文:「泉北ホーム」公式サイト
https://www.senbokuhome.co.jp/works/?page=4

泉北ホームの公式サイトで
施工事例をもっと見る