本当に建てたい家が建てられる大阪の注文住宅業者なび » 施工業者を選ぶポイント » 耐震性

耐震性

本ページでは、注文住宅の依頼時にチェックすべき点として、建物の耐震性について取り上げ、その知識やポイントとなる事柄をご紹介していきたいと思います。

注文住宅、耐震性についての考え方やポイントは?

大阪の皆様には忘れられない阪神淡路大震災、そして記憶にも新しい東日本大震災や、熊本、北海道などでの大地震。今や、耐震性というものは、注文住宅を建てる際、必ずチェックすべき事柄となっています。

その上で、各注文住宅会社の耐震性への対策というのは、それぞれに独自性があり、どこも同じではないという点も見逃せません。依頼先の候補となる会社が、どのような耐震対策を行っているのか、しっかりチェックしましょう。ポイントとなるのは以下の点です。

地盤

注文住宅を建てる土地の強度や固さなどを綿密に行い、必要に応じて地盤改良を行います。注文住宅会社が主導で行う場合もあれば、第三者に委託する場合もあります。

基礎

地盤の上に敷設する建物の土台となる部分です。近年では鉄筋コンクリート製のベタ基礎や杭基礎、深基礎などが一般的。地盤がしっかりしている場合は、昔ながらの布基礎とする場合もあります。

構造

建物の強さを大きく左右するポイントで、各注文住宅会社の考え方や個性が大きく出るポイントです。耐力壁や接合金物の使用や、構造計算、制振装置の採用など、どのような対策を行っているか、注目ポイントになります。

大阪で長く持つ理想の家を建てる
注文住宅メーカーNo.1とは?

耐震性の高い家づくりを行う注文住宅会社@大阪

縁 創建工房

構造材に、上からの荷重に強く耐久性に優れた紀州産のヒノキを使用。消防所や警察署などにも求められる最上級の耐震等級3をクリアしています。また「建築基準法」の基準をさらに上回る内容の施工品質を第三者機関による監査によって証明しています。

kicori

木造軸組工法をベースとしながら、柱と梁の接合部分を専用の金物で接合するメタルジョイント工法を採用しています。加えて、床は厚さ28mmの構造用合板を用いる剛床構造とすることで、一般的な木造軸組工法と比べ、耐震性を大きく高めています。

じょぶ

高精度な耐震構造「SE構法」を採用しています。木造軸組工法をベースとしながら緻密な構造計算や部材の強度・耐力計算を行った上で、専用の接合金物などを用いて耐震性を大きく向上。構造躯体の安全性・耐久性が数値で証明されます。

大阪で『自分が住みたい家』を建てるなら
注文住宅メーカー3選