本当に建てたい家が建てられる大阪の注文住宅業者なび » 施工業者を選ぶポイント » 素材

素材

本ページでは、注文住宅に用いられる各種の自然素材にについて取り上げ、その知識やポイントとなる事柄、メリット・デメリットなどをご紹介していきたいと思います。

大阪で『自分が住みたい家』を建てるなら
注文住宅メーカー3選

注文住宅、自然素材の良さと、考慮しておくべき点とは?

かつての高度成長期からいわゆるバブル期にかけて、住宅づくりは大量生産や合理化による“安直な”ローコスト化が図られていました。その結果として、社会問題化してしまったのが「シックハウス症候群」に他なりません。手間暇をかけて扱わなければならず、コスト面でも高額になりがちな自然素材が敬遠され、化学物質を多用した安価な建材を用いて家を建てた結果、人体に有害なホルムアルデヒドという物質によって、健康を損ねるという、なんとも本末転倒な事態となってしまったのです。

こうした反省から、現在では自然素材の良さが見直され、家づくりの大きなこだわりとしている注文住宅会社も増えてきています。自然素材には、人体に優しいだけでなく、風合いの良さや、癒し効果といった多くのメリットがあります。その一方で、デメリットも存在していることも、しっかり把握しておかなければなりません。ここでは、代表的な自然素材について、それぞれ詳しくご紹介しています。

無垢材

山林や森などで育った自然の木から切り出した木材のことを指します。逆に木片を接着剤などでつなぎ合せて木材として用いるのが、集合材や合板です。丈夫で長持ち、風合いや手触りの良さなどの反面、自然の木材ゆえに、割れやひび、反りなどが発生しやすいデメリットもあり。ただし、適切な乾燥や加工を行うことで、リスクは大きく軽減できます。

無垢材について詳しく読む

漆喰(しっくい)・珪藻土(けいそうど)

漆喰は「石灰」をベースとした壁材。珪藻土は藻類の一種である珪藻の殻の化石を原料とした壁材です。ともに、湿度の高い時には吸収、乾燥時には水分を放出するという「調湿効果」があり、「呼吸する壁」として注目を集めています。なお、漆喰は外壁・内壁ともに使用できますが、珪藻土は内壁に限られます。また他の壁材と比べ、費用は高価になりがちです。

漆喰・珪藻土について詳しく読む

白洲そとん壁

近年注目を集めている外壁材になります。マグマが岩石となる前に粉末になった「シラス」という物質が原料で、鹿児島や宮崎などに所在する「シラス台地」から採掘。100%自然素材でありながら、完全防水の性能をもち、厳しい自然環境にも劣化しにくい高い耐久性もあり。その分、費用は比較的高価になり、また施工する左官職人の技量も求められます。

白洲そとん壁について詳しく読む

羊毛断熱材

その名称が示す通り、羊の新毛を原料とした断熱材。かねてより寝具や衣類などに用いられてきているウールを、住宅用の断熱材として使えるようにしたものです。自然素材でありながら高い断熱性と省エネルギー性を実現できるのが大きな利点。ただし、国内生産の「サーモウール」は、製造元より認可を受けた業者でなければ施工できないというのが現状です。

羊毛断熱材について詳しく読む

大阪で長く持つ理想の家を建てる
注文住宅メーカーNo.1とは?

あなたが住みたい家はどれ?イメージ別で選ぶ大阪の注文住宅業者3選

体に優しい自然素材に こだわりあり!

自然素材をたっぷり使った 家に住みたい

「緑 創建工房」の施工事例
引用文:「緑 創建工房」公式サイト
https://sokenkobo-en.co.jp/sekorei/6565/

緑 創建工房の公式サイトで
施工事例をもっと見る

たっぷり収納に こだわりあり!

家族のための 収納たっぷりの家に住みたい

「ヤマヒサ」の施工事例
引用文:「ヤマヒサ」公式サイト
http://caracol-house.jp/gallery/osaka_u-2/

ヤマヒサの公式サイトで
施工事例をもっと見る

大家族の動線に こだわりあり!

バリアレスな 二世帯住宅に住みたい

「泉北ホーム」の施工事例
引用文:「泉北ホーム」公式サイト
https://www.senbokuhome.co.jp/works/?page=4

泉北ホームの公式サイトで
施工事例をもっと見る