本当に建てたい家が建てられる大阪の注文住宅業者なび » 施工業者を選ぶポイント » 性能

性能

本ページでは、注文住宅の依頼時にチェックすべき点として、物件の性能について取り上げ、その知識やポイントとなる事柄をご紹介していきたいと思います。

注文住宅の性能とは?チェックすべきポイントは?

実は一戸建て住宅にも、自動車やオートバイ、電化製品などと同じように、性能というものがあるのをご存知でしょうか。性能が高い家ほど、暮らしに様々なメリットをもたらしてくれます。具体的に見ていきましょう。

気密性・断熱性の高さ

近年の環境やエコに対する意識の高まりによって、より重要視されているポイントになります。高性能な断熱材を用いることで、室内を外気の暑さ・寒さから守り、快適さを向上させながら、エアコンへの依存度を下げ、光熱費も軽減するというメリットがもたらされます。また、ご高齢者などが室内の気温差によって心臓に急激な負担がかり深刻な疾患が発生してしまう「ヒートショック」のリスクも大きく軽減できます。

空気のきれいさ

かつて大きな問題となったシックハウス症候群。住宅用建材のローコスト化や大量生産のために、化学物質を多用したことで、有害物質のホルムアルデヒドが室内に発生してしまうことが原因でした。近年の高性能住宅では、無垢材や自然素材を多く用いて、化学物質を極力使わない工夫がなされています。また高性能な換気システムを備え、室内の空気を適切に循環させてくれます。

大阪で長く持つ理想の家を建てる
注文住宅メーカーNo.1とは?

耐震性の高さ

かつての阪神淡路大震災、そして記憶にも新しい東日本大震災。住宅における耐震性は、ますます重要視されています。現在、建築基準法で定められている耐震等級には1~3までがあり、等級1は震度6強~7の地震でも、即倒壊はしないレベルで最低限クリアしなければならないレベル。等級2は等級1の1.25倍で、学校や避難所といった公共建築物に求められるレベル。そして最高等級の3は等級1の1.5倍で、消防署や警察署など災害復興の拠点に求められるレベルです。

性能の高い家づくりを行う注文住宅会社@大阪

縁 創建工房

無垢材や自然素材の使用に大きくこだわっており、断熱材にも自然素材である羊毛由来のものを使用。断熱性や気密性も高めており、建物の強度も向上。消防所や警察署などにも求められる最上級の耐震等級3をクリアしており、「建築基準法」の基準をさらに上回る内容の施工品質を第三者機関による監査によって証明しています。

泉北ホーム

北米発祥の木造工法、2×4工法を採用。点ではなく面で建物を支える方式により、耐震性や気密性を高められるメリットが知られています。加えて、吹付け断熱材および防湿シートを標準仕様とすることで、高い気密性も実現。ZEH化するベースとしての機能が優れているとアピールされています。

ハナハウス

無垢の木や漆喰といった自然素材の注文住宅をよりリーズナブルに提供するために、仕入れの工夫などを実践。断熱材などの建材も販売店の協力により価格を抑えながら、不足の事態が起きた場合も対応してもらえる信頼関係を築いているとしています。耐震性については、構造計算を実施し、耐震等級を取得できるとのこと。

大阪で『自分が住みたい家』を建てるなら
注文住宅メーカー3選