大阪の注文住宅業者なびHOME » 土地選びのリスクマネジメント【大阪編】 » 大阪で治安のいいところ、悪いところ

大阪で治安のいいところ、悪いところ

大阪は治安が本当に悪いの?

都道府県で見る!大阪府の犯罪率

日本3大都市の1つ「大阪府」は、人口数800万人以上を誇る大都市です。旅行客が多く観光地として有名で地域ですが、住みやすさはどうなのかが気になるところ。
治安の良さを知るべく犯罪率を比較したところ、全国平均値が0.09%なのに対して大阪府の平均値は1.06%とかなり高めでした。ほかの犯罪発生率が高い都道府県とどれくらいの差があるのか、一欄表にまとめてみたのでご参考ください。

犯罪発生件数ベスト5 都道府県 警報半認知件数
(2009年)
人口総数
(2010年)
1位 大阪府 182,537件 8,865,245人
2位 愛知県 145,807件 7,410,719人
3位 福岡県 86,057件 5,071,968人
4位 京都府 44,538件 2,636,092人
5位 兵庫県 90,670件 5,588,133人

データによると、犯罪件数は2位の愛知県に4万件数以上の差をつけて堂々の1位!ただし、人口総数もダントツ1位なので、その影響も少なからずあるようです。

大阪で犯罪が多い理由は?

大阪府の犯罪が多い理由は大きく分けて2つあります。

1.『ええやないか』の地域性・心の広さが仇に

軽犯罪の多さが、全国的に見た中でも犯罪件数が多い理由です。軽犯罪が減らないのは、主に「犯罪に対する感覚の麻痺」が原因でしょう。大阪府でとくに治安の悪い地域の凶悪犯罪と比較した際、ほとんどの人が「この程度ならマシ」と捉えてしまうのが現実。「道行く人に汚物を投げつける不審者、度重なる性犯罪、暴行事件のある一部地域に比べれば、引ったくりや自転車盗難は些細だ」という麻痺が起こっているようです。
1990年のニューヨークでも似たような事態がありました。ニューヨークでは、モラルが低下することで犯罪が増えるという流れを逆手に取り、軽犯罪を徹底的に取り締まった結果、治安の悪さは改善したようです。

2.警察の対策が追いついていない

ニューヨークの件に繋がりますが、警察の対策がしっかりすれば十分に治安は良くなる可能性があります。それでもなぜ、犯罪件数1位をキープしているのか。その理由は、警察の対策が追いついていないという点にあります。最近では警察も犯罪対策を強化中のようですが、「警察に被害届を提出したのに受理されなかった」という時期が過去にあったようです。「取り締まられない、野放しにされている」というイメージがいまだ拭えないために、犯罪発生の歯止めをかけられずにいるのかもしれません。

大阪で多い犯罪の種類は?

大阪府でとくに多いと言われている犯罪は、子どもや女性を対象とした「性犯罪」です。強制わいせつ事件は、大阪府内だけで毎月100件近く発生しているとのこと。そのほか、以下のような事件が多く報告されています。

  • ひったくり
  • 路上強盗
  • オートバイ盗難
  • 車上ねらい
  • 部品ねらい
  • 自転車窃盗など

車上ねらいは、一般的に「車上荒らし」と言われているものを指します。車上(車内)にある金品をねらった盗難です。「部品ねらい」は、タイヤやバンパー、マフラーなど部品を盗難されること。鍵をかけていても防げないので、対策がかなり難しい犯罪です。因みに部品ねらいは、オートバイ盗難・自転車窃盗でも同様に起こっています。

犯罪が多い地域

大阪府の市区町村ごとに、犯罪率の偏りはどれだけあるのかを調べてみました。とくに犯罪率の高かった地域ベスト5とその特徴をご紹介します。

大阪犯罪率
ランキング
市区町村 犯罪率 周りの様子は?
1位 大阪市中央区 10.76% 大阪内でも犯罪率ダントツトップの中央区。しかし、実際に住んでいる人の話に「治安はいい」との声も。同じ中央区でも、どうやらビジネス街寄りの本町・淀屋橋・北浜周辺は治安がいいようです。
2位 大阪市北区 6.76% 北区エリアの代表・梅田エリアは、人がたくさん集まる都会ということもあり、警察官の警備が行き届いているので治安は安定している様子。しかし、滝野川では凶悪犯罪が、ほかエリアではわいせつ事件の多いようです。
3位 大阪市浪速区 5.65% 浪速区の治安が悪くなったのは、バブル崩壊がきっかけだと言われています。バブル時、大量に建設されたマンションは空室となり、それを悪用して違法風俗店が続々と増加。平成12年に地域住民が立ち上がり違法風俗店はすべて摘発されましたが、現在もなお薬物をはじめとする犯罪が少なからずあるようです。
4位 大阪市天王寺区 3.41% 天王寺区の中でも、今里から鶴橋周辺は風俗街や通り魔事件があったことから警戒されているようです。しかし、実際に暮らしている人によると「天王寺区自体はとくに治安が悪いとは思わない」とのこと。ほかの区に比べると、路上パフォーマーや車の騒音は多いようです。
5位 大阪市西成区 3.15% 大阪府内でもとくに治安が悪いイメージの根強い西成区ですが、意外にも5位という結果でした。発生している犯罪は、主に「あいりん地区」で起きているようです。

治安が悪いことで有名な西成区はどんなところ?

西成区は、「新世界」「あいりん地区」「飛田新地」の3エリアが有名な区域。新世界は通天閣がある場所としてご存知の方も多いのではないでしょうか?注意すべきはその1kmほど先にある「あいりん地区」と「飛田新地」。あいりん地区は路上生活者が多く、犯罪件数もかなり多い地域です。自転車盗難や部品ねらいは日常的に発生しているため、女性や子連れならまず避けた方がいいエリアでしょう。飛田新地は日本最大にして最後の遊郭街です。近くで子育てをするには適しません。

治安が悪いイメージの拭えない西成区ですが、「天下茶屋駅から花園町駅周辺」は子育てするにも安心なエリア。学校や商業施設、病院など暮らしやすい施設環境が整っています。難波や心斎橋をはじめ、関西の有名エリアへのアクセスも良好です。「あいりん地区」「飛田新地」この2エリアを避けさえすれば、ほかの街と変わらず暮らしやすいところなんですよ。

犯罪が少ない地域

大阪府内でとくに犯罪件数が少ないのは「此花区」「港区」。湾岸にある2区域です。此花区はユニバーサルスタジオジャパンがある場所だと言えば、ご存知の方も多いでしょう。地域の環境整備が整っており、かなり治安のよい場所です。港区も「海遊館」があることで有名なところ。凶悪犯罪はもちろん、路上強盗やひったくりなど軽犯罪件数も少ないのが魅力です。大阪市内でも有数の安全エリアだと言えるでしょう。

ほかにも街灯が明るい福島区や自然の多い鶴見区、防犯セキュリティに優れた物件の多い住吉区など、治安が良好なおすすめ地域はたくさんあります。ただし、その分家賃は少しお高めなようです。

大阪の犯罪への取り組み

大阪府は、平成28年1月より全体で「地域の犯罪情勢に即した犯罪抑止総合対策」に力を入れています。その内容は、犯罪検挙・防犯の両方における警察活動を強化中とのこと。
また、治安の良さで有名な此花区は、地域をあげて防犯・防災ボランティア活動や街頭犯罪撲滅キャンペーンなどを行なっているようです。住吉区では、「子どもが安心して暮らせる街へ」という言葉を掲げ、パトロール活動を強化したり、防犯カメラの設置を徹底したりと犯罪削減に向けて活動を続けているようですよ。

全国的に見て「大阪府の犯罪件数が多い」というのは確かな事実です。しかし、「人情あるまち」「程よく都会」という利点を残しながら、精力的に犯罪撲滅運動に取り組んでいます。暮らしやすい街は確かにあるので、見逃せないところです。

もし大阪府で暮らすことを考えている人は、犯罪の傾向を知りその対策を練っておきましょう。性犯罪対策なら、「街灯がしっかりあるか」「犯罪件数が少ないか」をチェックしたうえで住む場所を選ぶと◎。大阪府全エリアに発生率が高い「引ったくり」や「自転車盗難」対策なら、「1人で人気のない道を出歩かない」「防犯登録・盗難保証に加入する」などの方法がありますよ。

大阪の注文住宅業者3選